配食サービス

都城市 食の自立支援事業

illust_09-300.png

星空の都かみながえでは都城市の委託を受け、食事づくりが困難な高齢者に対して、栄養バランスのとれた食事(お弁当)を提供するとともに、見守り・安否確認を行うことを目的に、食の自立支援事業を行っています。

配食サービスのご利用を希望される方は、地域包括支援センターへご相談ください。

配食サービスについて

サービスを受けられる方

身体の障害や傷病等の理由で調理が困難、またご家族等の食事支援が得られず、見守り・安否確認が必要と認められる方で、次のいずれかを満たす方。

  1. 市内に住所を有するおおむね65歳以上のひとり暮らし世帯
  2. 65歳以上の高齢者夫婦のみの世帯
  3. 1.2.に準ずる世帯に属する高齢者または身体障害者

調理が困難で食事の確保が難しいとは

  • 身体虚弱のため、日常生活を営むのに支障がある
  • 寝たきりのため、日常生活を営むのに支障がある
  • 認知症のため、日常生活を営むのに支障がある
  • 身体障害があり、日常生活を営むのに支障がある

・・・・など調理動作が困難で、支援者もなく食事の確保が難しい方です。

見守り・安否確認が必要な方とは

  • 日常生活に支障をきたすような病気や障害があり、日常生活の中で見守りが必要な方
  • 家族・親族等の諸事情により、家族・親族の支援が望めない方
  • 地域社会における本人の関わりが薄く、近隣交流が少ない方

・・・・などで、見守り・安否確認が必要な方が対象です。

対象外となる方は

  • 同居家族はいないが、家族等の支援が得られる方
  • 訪問介護、民間の配食サービス等の利用により、食事の確保が可能な方
ご利用料金

400円(1食あたり)

利用する時間

昼食もしくは夕食

利用できる日

月曜日から日曜日のうち、希望に応じてお届けします。毎日でもご利用できます。
※ただし、年末31日~年始3日の間はお休みします。

申請窓口

お住まいの地域の地域包括支援センター

利用の決定

総合的に判断して、都城市が決定します。

ページのトップに戻る